FC2ブログ

「CAFE橙オリジナルブレンドコーヒー」が出来ました★

皆さん今晩は★
昨日は羽生選手の凱旋パレードで、仙台が大大大盛り上がりでしたね!
13時には、柴田町に居ながらにしてわくわくしておりました。

土曜日はAviciiの訃報に気分が沈んでいたのですが、泣いたり笑ったり良い気なもんです(笑)

ここ2週間は、自分自身の体調不良で苦戦を強いられていたので、健康の有難さを改めて教えられました。
超一流、羽生君を見習わないと!


さて、話は変わってビッグニュースです!
当の本人が1番ビックリ!CAFE橙の「オリジナルブレンド珈琲」が誕生しました★

青葉区本町にお店を構える
「damo kaffee haus(ダモ コーヒーハウス)」さんの多大なるご協力を頂きまして、この様な運びになりました。

キッカケは、去年の11月。
フロリダから帰って来て調子に乗っていた私は、「店の何かを変えたい。」と漠然と思っていました。

冬に近かった事もあってか、皆のインスタにはラテアートが満載。
それを見て、ハート柄のラテ良いよね?面白そうだよね?!とシェフTと話していました。


ある日シェフTと一緒に、一顧客としてダモさんの所で珈琲を飲んでいました。
ふいにシェフTが、エスプレッソマシーンの値段を聞き出し、親切に答えるダモさん。

そんなやり取りから、私達が店をやっている事をお話した所、珈琲豆の卸もしていると。

シェフTと検討した結果、珈琲豆を変える事にしました。
柴田町でdamo kaffee hausの珈琲豆を扱っている所は無いはず。地元のお客様に喜んでもらえるかも知れない。これは良い!

これを機に、お取引させて頂く様になりました。

その後も、橙にご来店頂いた際には、色々と教えて頂きました。
そして、放たれた一言が「一緒にオリジナルブレンド作りませんか?」

ウオオオオオオ~~~ッ!!!!!
夢にも思わなかった「オリジナルブレンド」。この橙がオリジナルブレンド。す、凄え~!

でも、お話を頂いた時、私は「そのうち」位にしか思っていませんでした。
一方、シェフTは「なる早」で作った方が良いと言って来ました。

意外な反応に疑問を持っていたのですが、シェフTの意見に賛成する機会が巡って来ます。
柴田町唯一のビッグイベント「お花見」です。

全国的にも有名な「一目千本桜」が近い橙では、この時期は遠方からもお客様が来ます。
もちろん仙台からも。仙台から来たお客様に、ダモさんと同じ珈琲をお出しするのは、面白みに欠ける。
CAFE橙だけでしか飲めない珈琲が必要だな…。

「オリジナルブレンド作ろう!」
スケジュール調整も突然だったので、失礼かと思いましたがOKを頂き、豆の味を確かめるカッピング作業に。
ここで、ダモさんの真骨頂を目の当たりにします。

ダモさんをご存知の方は「髭」「オシャレ」のキーワードが浮かぶ方が多いと思います。
とってもセンスの良い方なのですが、カッピングの日から髭もオシャレも吹き飛びました。

超職人です。
カッピングが始まると雰囲気が変わりました。いつもと同じ親切で丁寧、でも違う。

8種類の珈琲豆の香り、味を確かめます。
橙女将は香りまでは良かったものの、味については最初の2、3種類で訳が分からなくなって来ました。
そんな状態で、珈琲液を混ぜて理想の味に近づける。もう頭の中はカオス状態。

あ~!!何飲んでるのか分からない!!
苦し紛れながら2種類のブレンドを提示して、珈琲を淹れて飲む。
その日は、最後のブレンドの方が良かな?と言う所に着地したものの、ブレンドした私自身がその良さを分からない。

珈琲豆のサンプルを頂いて、打ちのめされて帰宅。
後日ひとりでカッピング。豆の種類が少なかったのが良かったのか、前回よりも味が分かる様な気が。
ここでも2種類案を出して、前回のと合わせ3つの案を持ってdamo kaffe hausへ。

飲み比べをして、最終的に選んだのは…。
コロンビアを多めにブレンドした、飲みごたえがあって、甘い香りがする、ほのかな酸味の珈琲。
特筆すべきは、お水が欲しくならない事(ダモさんのはどれ飲んでもなりません)!牛乳をたっぷり入れても美味しく飲める。

仲良くさせて頂いている、Yさんの表現をお借りすると「午後にまどろみながら飲みたい珈琲」

こうした水面下の動きがあって、遂に誕生!

GWももうすぐ♪CAFE橙だけでしか飲めない「橙オリジナルブレンド珈琲」を体験してみて下さい。
私達は「美味しい」と言って頂ける事を願っています!

ダモさんには忙しい中、時間も労力も割いて頂いて心から感謝しております。
素晴らしい職人さんから珈琲豆を購入出来て、CAFE橙は本当にラッキーです。

今、こうして文章を書いてる時点では、もう、ただただWoohoo!出来た!超嬉しい!
長文乱筆、最後まで読んで頂きありがとうございました。では、次回更新まで!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAFE橙

Author:CAFE橙
◆〒989-1622
宮城県柴田郡柴田町西船迫1-8-58
◆TEL:0224-86-4244
◆営業時間:
11:00~18:00(L.o17:30)
◆定休日:毎週木曜

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR